2011年 07月 06日

ミラグロ Milagro

世の中には偶然のめぐりあわせで予想できないことが起こることがあります・・・・Milaguro(ミラグロ)とはスペイン語で奇跡の意味です…・

先週は木曽の渓流にタナビラの撮影にいっておりました・・・釣りと同じ様にウエイダー姿ですが背中には陸上用カメラ、レンズを背負い、手には水中カメラを持って釣り人と釣り上がるのがいつものスタイルです…
b0210189_81870.jpg


釣った魚を水中撮影する、この種のハウジングは写真のようなもの、15ミリで撮影することが多いのでドームポートがついています…このドームポートはアクリル製ですから傷がつきやすく、いつもネオプレーンの黄色いカバーを着けて持ち歩きます(これでもかなりリスクがあります)・・・藪こぎや河原に置いたときにも傷から守るプロテクターになっています・・・
ところが2日目の入渓直後にこのカバーを流してしまいました…渓流は増水で膨れておりましたから気がつくまもなくどこかに流れて去って行ってしまいました…

翌日、この川の下流部を釣り目的で見ておこうという意見がまとまり直線距離で1600メートル、川としては2キロほど下流に入ることになりました・・・普段なら絶対入らない場所です。かなり谷が開けていて、北海道辺りの河口付近のような雰囲気の場所…

自分は皆と別れて100メートルほど上流の淵をのぞいてみることに・・・・イワナの着きそうな巻きがあります…その巻きに毛ばりを打ち込もうとすると、視線の先に黄色い見覚えのあるものが・・・水辺の岩に乗っているではありませんか・・・・
・・・まさにミラクル・・・・24時間前に流され100%諦めた、ドームポートのカバーだったのです・・・






b0210189_14291912.jpg








もうひとつは良くあるミラクル・・・(私の場合は最初で最後ですが・・・)増水で皆さんどうにもタナビラが釣れない中…なんと自分の毛ばりを咥えてくれた魚は尺上の幅広アマゴ…タナビラでした・・・(紙面で使用する可能性がありますのでこんな写真でご勘弁ください)
ドームカバーと尺タナビラ、どっちがよりミラグロだったんでしょ???

…、たまにはこんなこともあるもんなんですね・・・・

           連日、鳥肌が立つようなミラクル木曽釣行でした・・・

               要
[PR]

by heboheboy | 2011-07-06 08:17 | FLY


<< patagoniano      木曽路 >>